美容院でこっそりやっていること ガーゼがずれたら顔の筋肉で戻す!

Pocket

美容院でこっそりやっていること ガーゼがずれたら顔の筋肉で戻す!

実は歯医者でも同じことをします。

シャンプー台の頭の位置がジャストヒットしない(座った時は)ので、なんていうのか、リクライニングになったときにせーの、と頭を上方へ。これ、もちろん美容師の人が知ってないと、チェアを上げていくので危ない。

慣れましたから、少ない腕力でもなんとかなるようになりましたが、せーの、せーの、せーののせーの、という喜劇みたいなことになるんですよね。

もう一つ、これは少しこっそりしていることですが顔面に切った毛が落ちてきた場合、顔を百面相して落とします。もしくは顔でも鈍感な場所へ移動してもらう。

鼻の穴のあたりってくしゃみでそうで困るんです。ここは日ごろしゃべることなどで鍛えてあるから動かしやすいし。ほっぺたに落ちることも結構ありますが、つるんとしてるんで、不快に思うほど滞在してないようです。

私は超近視でどっちみち読めやしないのですが、女性週刊誌を置いてくれるんですね(とにかく雑誌)。でも、ノーサンキューなの、しかしなんだか悪いし…まあ、雑誌の好みを言ってもわがままっつーかねえ、そういう面はあるわけで、初めて行く美容院では読んでいるふりだけします。二回目からは視力のせいにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする