短所も欠陥もある自分を含めて肯定することが、すべての出発点になる

Pocket

あなたは自分自身に対する評価は高いほうですか?それとも低いほうですか?

自分に対する評価が低い人は
「今現在の自分」否定しがちではないでしょうか
特に失敗、ミスを犯したとき
自分の欲望をコントロールできなかったときなど

自分はなにをやってもダメだ…

と、自分を責める人も多いようです

たとえば
出かけるときに、ちょっとバタバタしちゃってて
家を飛び出したはいいものの
しばらしてからこう気づくんです…
「あ!財布忘れたッ!!」
そしてUターンして家に戻りながら わたしはなんでいつもこうなんだろう(ズーン…)

このような自己否定は
悲観的な思考につながるばかりで
意欲が出てきませんよね
せっかく
これから楽しくでかけようと思っていても
自分で自分の心に
ブレーキをかけてしまっている状態ですよね

今から800年も前に 苦悩の根源を明らかにした僧 親鸞がこんなことを説いています

【短所も欠陥もある自分を含めて肯定することが、すべての出発点になる】

つい忘れ物をしちゃうあなたも
そんなところも含めて あなた なんですから
たとえ財布を忘れても
家からこのくらいのキョリで気が付いてよかった~♪
目的地について「ない!ない!」
ってなることに比べたら全然マシじゃん(^-^)
そう思えるようになるといいですね…

わたしはある経営者の方からこのようにも学びました

【欠点とは、その人に欠かかすことのできない点】

これって 個性 ですよね
捉え方を変えれば 欠点 は 欠点でなくなる

物事の捉え方は
あなた自身に委ねられます
あなたの周りで もし
「機嫌が悪い人」 がいたとしたら…

そんなときどう思いますか?
また どう感じますか?
わたしは相手を変えることなく 
解釈の仕方だけで解決してしまいます

じゃあいったいどうするか?
カンタンです!
それは「自分の機嫌をとる!」たったこれだけです

相手が機嫌が悪いのは相手の都合で
勝手に機嫌が悪いんです

それを機嫌を取りにいったりしていては
巻き込まれてしまいます

悪いとは 悪 です
相手は相手の勝手な都合で 悪 になっています

つまり
わたしはいつも 良い 状態でいようと思っている、ただそれだけのお話です

心の持ちようなんてこんなもんです
でも、これも一回読んだからすぐにできるか?
っていうと決してそうではありません
意識しないとできないレベルから
徐々に無意識にできるレベルになっていきます
そのためのベストな方法をある経営者の方から教わったのでお教えしますね

それは
「ツイてる」「ラッキー」「今日も絶好調」などの
ポジティブな口癖に変えることです
たぶん、ピンと来ないと思います…
なので、信じられる人だけやってみてください

ちなみにわたしは 常に絶好調!超・ポジティブです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする