情報過多のいまの時代だからこそおさえておきたいインプット法とは?

Pocket

【必要な情報はすぐに埋もれる】
情報がありとあらゆるところに点在していて いわゆる情報過多 のいまの世の中でスマホやパソコンで検索すればパッと知りたいことが出てきます

でも調べた内容のほとんどは、まるで手ですくった水のようにスルスルっと手からこぼれ落ちていくかのように頭の中から消えてしまいませんか?

わたしはそんなに頭が良くないから…
昔からどうも勉強は苦手だったから…

【なぜ頭のいい人は記憶力がいいの?】
実は頭の良さとか学歴なんていうのは一切関係のないインプット法というものが存在します

以前、東大法学部を首席で卒業し難関資格である司法試験に一発合格された方の勉強法についてご紹介しました

この方法よりカンタンですぐに実践できるため非常に取り組みやすい、そんな方法があるんです

もしあなたが、仕事で上司から資格を取れという指示を受けていたり、新しいことに取り組むときになにかを学ばなければならなかったり、そんなときに想像以上に効果をもたらします

頭がいい人の勉強法には、結果につながる魔法のような原理原則が必ず隠れていることをあなたはご存知でしょうか?

頭が良いと感じる人の多くはこの原理原則を活用できているからこそ記憶力も良いという印象を受けているにすぎません

【何年も前のこと覚えていますか?】
たとえば、あなたがドラマを見るのがとても好きだとします。好きな俳優や女優が出ているドラマは欠かさず見ているとします。

そんなあなたでも、好きな俳優や女優が出演しているすべてのドラマの内容を覚えていることなんていうことはありないと思います。

でも、なかには何年も前の作品でもストーリーや出演者をけっこう覚えている… そんなドラマもあるのではないでしょうか。

あなたの頭の中で、あなたの知らないうちに、何年たっても記憶に残されるもの と 忘れてしまうもの に整理されているわけです

要するにあなたは知らず知らずのうちにこのインプット法を既に体験していることになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする