安全なドッグフードの選び方

犬の皮膚病を改善

ワンちゃんで、しかも子犬は意外に胃腸の
弱い子が多いみたいです。

胃腸が弱いということは、腸内環境の乱れも考えられるので
皮膚病にもなりやすくなるんです。

そもそも、皮膚病のかゆみの原因は何か?
を考えると、多いのが食物や添加物に対するアレルギー反応です。

犬は、穀類、タンパク質、炭水化物、添加物などに
アレルギー反応を起こすことが多いと言われています。

まずは、この食べ物を対策してあげましょう。

フードを選ぶポイントとしては、

良質なタンパク質を使用しているドッグフード
添加物や副産物を使っていないドッグフード

この2点には注意して選ぶようにしましょう。

手作り食のレシピで再現したスペシャルフード。

これ、かなりおすすめのフードかもしれません。

ドッグフードのグレード

ドッグフードにもグレードが存在します。

フード選びでまずやったほうがいいのがグレード選び。
ヒューマングレードという、人間が食べても大丈夫な物でつくられたドッグフードを選ぶのが安全なドッグフードの選び方のポイントです。

ワンちゃんに合っているドッグフードって、どんなものだと思いますか?

基本的にワンちゃんは人間とほぼ同じものを食べることができます。

だからといって、私たちが食べる食事をそのまま上げるのはよくありません。

犬にとって一番大事な栄養素はタンパク質。

タンパク質の中でも、重要なのが、動物性タンパク質です。

お肉を中心にタンパク質を摂取指せてあげることが大切なんです。

成分表示を見る

1.成分表示を確認する
原材料に肉類の表示がある物を選びましょう。

2・穀物類の有無
犬は穀物類はあまり必要ありません。穀物類は出来るだけ少ない方が良いです。

3.副産物の表示はNG
肉類は内臓などの副産物が使われていないことを確認しましょう

後は、無添加、ヒューマングレードなどできるだけ安全なフードを選んであげてください

こんなフードは要注意

・化学添加物質が入っている
・肉類に粉や副産物が使われてる
・穀物野菜類にビートパルプや脱脂大豆などが使われてる
・ビタミン・ミネラル類が大量に入っている

あまりにもkg単価が安いフードもさけたほうがいいみたい。
kg@100円で作られてる原材料ってちょっと心配ですね。
なので、安すぎるフードは避けたほうが無難です。

おすすめ

ラム肉は栄養バランスが良く、ヘルシーです。
また、ラム肉に脂肪はワンちゃんの体内に吸収されにくいため
無駄な脂肪もつきません。

フォローする