アイクリームの効果と塗り方

目元は他の部分よりも皮膚が薄いため、外部からの刺激を受けやすいので、目元は非常にデリケートです。

目元のシワ・たるみに効果的なケア

目元のシワ・たるみの原因は大きく分けて二つです。

まず「肌の乾燥」

「ちりめんジワ」などは、表面的なものなので保湿クリームなどで改善が見られます。

乾燥による目元のシワは保湿で改善できます。「しっかりと肌に保湿をし、肌そのものが水分を保っていられるように、保水力を持たせる」
ということが大切になります。

次の原因が「真皮コラーゲンの減少」です。

「真皮コラーゲンの減少」によるシワ・たるみは表面的な保湿だけでは、なかなか改善しません。コラーゲンを含んだ化粧品やサプリを服用する方もいますが、大きな効果はないでしょう。

真皮の中のハリを保つ働きのあるコラーゲンやエラスチン、潤い成分のヒアルロン酸の減少により弾力がなくなるとできるシワのことです。

アイクリームの効果

少量で効果が実感できます。使ってみればその効果は絶大です。目元にハリが戻ります!

しわにショックを受けたらすぐケアしましょう!きちんと自分にあった商品でケアしてあげればしわも消えますよ

効果的なアイクリームの使い方は、毎日やって頂くと、とても効果的ですが、クマやむくみが気になるときに行うだけでも、かなりの効果を得られます。

目の周りには『眼輪筋』といって、目をドーナツのようにぐるりと囲んでいる筋肉があります。たるみや小シワを予防するためには、このドーナツを弾力のある状態に保つことが大切なのです。

アイクリームの塗り方

特にしわが気になるところにはポンポンと優しく指先でパッティングしてあげると良いです。

中指と薬指は別名『化粧指』とも呼ばれていて、余分な力が入りにくく、デリケートな皮膚に触れるのにぴったりの指(人差し指だと、知らず知らずのうちに力が入りすぎてしまいます)。なので、使う指は、中指か薬指がおすすめです。

ですが、トントンと軽く馴染ませるだけで済ませるのも、アイクリームの成分が本来の効力通りに浸透しません。指の腹に適度な力を入れ、目頭からこめかみに向かって軽く引き上げるようにのばすことで、アイクリームの成分が染み込むと同時に目元がキュッと上がります。

目の周りには『眼輪筋』といって、目をドーナツのようにぐるりと囲んでいる筋肉があります。たるみや小シワを予防するためには、このドーナツを弾力のある状態に保つことが大切なのです。なので、目の周りをぐるりと一周して、リンパをこめかみに流すように意識しましょう。

ビタミンAが皮膚には必要不可欠

目や皮膚の粘膜を健康に保つ働きをし、暗いところでの視力を保つなど、人間の成長には欠かせない成分です。

皮膚のターンオーバーを促進し、傷んだ細胞を修復。線維芽細胞に働きかけて、肌にとって大切なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す働きがあるのです。

1日に必要な量は『650μg』。上限は『2700μg』

脂溶性のビタミンAも食後にとるとスムーズに吸収されます。ビタミンAの摂取量はミリグラムではなく「マイクログラム」と微量ですね。

目元は皮膚が薄くとってもデリケートです。手遅れになる前にケアしておくのがよいですね。

アイクリームは、薄くデリケートかつ老化サインの現れやすい目もと専用に作られています。
人は1日2万回以上まばたきをしていると言われています。目の周りの皮膚はただでさえ薄いのに、これだけ動かすとしわができるのも当然ですよね。

しわやクマの原因というのは、血流の悪さや筋肉の硬直によって引き起こされる場合も多くあります。

アイクリームの正しい塗り方

1.クリームを目の周りにのせる

アイクリームを少量、中指か薬指の指先に取り、目の周りの数カ所にのせます

2.目尻から目の下を通って目頭へ伸ばす

目の周りには『眼輪筋』といって、目をドーナツのようにぐるりと囲んでいる筋肉があるので、目の周りをぐるりと一周して、リンパをこめかみに流すように意識してみてくださいね。

塗るときは、中指だと力が入りにくいので、繊細で皮膚の薄い目元にアイクリームを塗るには最適ま指です。塗るときのポイントは、人差し指ではなく中指を使うことですよ。

3.そのままぐるりと目頭を通って上まぶたからこめかみ方向へ伸ばす

こうすることで、アイクリームの浸透を高めて側等筋というこめかみ周りの筋肉がストレッチされるのでリフトアップ効果もあります

シワが深い部分は、指先にクリームをとってパタパタと軽くタッピングするとさらに効果的です。デリケートな部分だからこそ、ひと手間かけて丁寧に塗りこみましょう。

フォローする