交通事故と弁護士

個人対保険会社の場合はアリと象くらい勝負になりません。言われたまま解決するケースが多いと言います。なのできちんと打倒な金額で解決できるように弁護士を利用しましょう。というのは正しいと言えます。

交通事故の慰謝料、示談金なら弁護士に解決してもらうほうが有利な場合が多々あります。

後遺症の悩み、増額交渉、クライアント最優先で、あなたに損させることはないでしょう。あなたの弁護士を探しましょう。 子供が事故で脳に障害を負った場合(高次脳機能障害)、成年後見や信託を利用することも弁護士なら対応可能です。

しかし過度な広告を謳っている交通事故弁護士事務所は避けるべき

交通事故以外の相談を含んで書いてあるところもあるので注意しましょう。

自動車保険の任意保険に「弁護士費用特約」という付帯契約があります。

弁護士を頼まなければならなくなったら、保険会社が弁護士費用を補償しますよ、というモノです。 この特約が付いていれば、弁護士費用を気にすることはなく、依頼をしてください。その限度額は300万円まで補償という内容が多く、ちょっとした交通事故の賠償問題であれば、十分にまかなえる金額でしょう。
(運転していた人が入っている保険以外でも適用がある場合が・・・)
・自宅の火災保険
・家族の加入している保険
・クレジットカードについている保険

もちろん、弁護士費用特約がついていなくても弁護士に依頼して大丈夫です。弁護士に依頼することによって損をする場合は、ほとんどの弁護士が委任契約前にその旨を教えてくれます。その際は依頼を取りやめればいいのです。

相談のみでもこの特約は使えますよ。

本当に交通事故問題の対応が強い弁護士を選ぶにはどうしたらいいでしょうか?

・専門と謳っている弁護士さんはやはり知識とノウハウが蓄積されている
・判例を追っかけている人は勉強熱心 = 圧倒的有利
・人間性 やはり信頼関係が大事なのでわかりやすく説明してくれる人。質問しにくいとか論外です。

おすすめは弁護士紹介サイトなどで数点ピックアップ

その詳細情報内でいかに交通事故に詳しい内容が書いてあるのかチェック。
これだけでかなり違いますよ。

逆に避けた方がいい弁護士は、交通事故をあまり取り扱っていないや感じが悪いなどはやはり不安なので違う弁護士に問合せをしましょう。

フォローする