乳酸菌の効果

乳酸菌は、腸内環境を整えることができる大切なものです。

乳酸菌とは

乳酸菌とは、細菌の種類にかかわらず、糖を分解して乳酸を作る菌をまとめていう言葉です。

乳酸菌は人の腸の中にも常に住んでいて、腸内環境を維持する働きをしています。

乳酸菌は昔から、様々な加工食品を作るために使われてきたので、人類とは密接な歴史があります。

乳酸菌を利用する食べ物

ヨーグルト

乳酸発酵食品の代表的なヨーグルトは、生産される地域によって
様々な乳酸菌が使われるため味にも違いがでます。

漬け物

乳酸発酵した食品は酸性になるため、他の細菌が繁殖しにくい環境になります。
このことを利用して漬け物が保存食品として作られてきました。

乳酸菌飲料

最近では、乳酸菌の健康効果に着目して、乳酸菌を積極的に取るための飲料も開発されています。

乳酸菌サプリ

乳酸菌と腸内環境

人の腸内には常にたくさんの種類の細菌が生息してバランスを取っています。
この細菌のバランスを腸内フローラといいます。

増えすぎると有害な物質を作ったりして害になる菌を悪玉菌といい、
逆に健康に有益な細菌は善玉菌と呼ばれます。
乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑える善玉菌の一種です。

腸内フローラのバランスは、食べたものによって増殖しやすい菌が変わるので、
乳酸菌の餌になるようなものを意識的に食べることで腸内環境を改善できます。

乳酸菌の摂取方法

普通に乳酸菌を含む食品を食べても、その菌の大部分は胃酸などで
死んでしまうと言われています。
生きて腸まで届かせるには特別な種類の菌を使うか、カプセルなどで保護する必要があります。

生きた菌そのものをプロパイオティクスと呼びますが、
その菌の栄養源になるオリゴ糖などをプレバイオティクスといいます。

乳酸菌食品を食べて手軽に得られる効果は、プレバイオティクスの効果で、
自分の腸にすでにいる乳酸菌の活動が活発になった結果と言えます。

乳酸菌の健康効果

乳酸菌が活動することで腸内に乳酸が生産されて、有害な大腸菌などの活動を
抑えることができます。

悪玉菌が減ると、悪玉菌の生産するアンモニアやニトロソアミンといった
有害物質が減少します。
これらの物質は腸から吸収されて血液を汚すので、悪玉菌を抑えることで
全身がキレイになります。

腸の活動が正常化され、便秘や下痢の改善が期待できます。

フォローする