薬剤師の働き方や給料

売り手市場が続いている薬剤師。
新しくオープンした店舗などでも求人を募集している。
地方などでも求人数はかなりあるので、転職が比較的容易な職種といえる。

求人には、ハローワークにはない非公開のものも多いのが現状。
転職コンサルタント会社がかなりの求人を持っているケースも。

薬剤師の平均年収

薬剤師の平均年収は、532万円 (平成27年度)です。

平均月収:38万円
平均時給:2,189円
ボーナス等:75万円

男性年収:586万円
女性年収:502万円

就職先別年収

1.調剤薬局    約400~650万円くらい
2.ドラックストア 約400~700万円以上(店長クラス)
3.病院       約400~650万円くらい
4.製薬会社    約400~800万円以上(成果主義による営業職)

就職先によって働き方も様々

調剤薬局

代表的な就職先。病院の薬剤師と同じく、医師からの処方箋に従って薬を調合する。調剤薬局では、薬剤師自らが服用のリスクの確認や指導を行う。

ドラッグストア

ドラッグストアでは、薬剤師がいなければ販売できない医薬品があるため、全国各地のドラッグストアには薬剤師がいる。ドラッグストアの薬剤師は、処方薬だけではなく、OTC医薬品の知識も身に着ける必要がある。レジ打ちや品出しなど、業務は多岐に渡る。

病院

薬剤師は、医師が出した処方箋をもとに薬を調合する、病院には欠かせない存在。医師とともに臨床医療にも関われるため、薬剤師としてのスキルを高めることもできる。

製薬会社

製薬会社では、新薬開発などの研究職のほか、自社製品を各医療機関に提供するMRや情報収集を行うDIという業務もある。
海外の製薬会社の場合には、難病治療に直接貢献できる新薬開発に携われるチャンスもある。

より好条件で働くため、転職でキャリアアップする薬剤師が多いです。

「もっと年収をアップできたら…」と思うのも無理はありません。さらに「年収1000万円の大台を狙えたら…!」という気持ちになる薬剤師もいるでしょう。それは決して夢見事ではありません。

いつでも時間が空いたときに求人情報をチェックしたり、専門のコンサルタントに相談したりしながら、希望にぴったりの転職先を見つけてくださいね

フォローする