卵殻膜(らんかくまく)の美容効果

卵殻膜とは

ゆで卵の殻をむくと、殻の内側についている薄い膜。これが「卵殻膜」です。わずか、0.07ミリの薄さながら、外部の細菌からヒナを守る重要な役割を果たしています。

古くは力士が怪我をした際に傷口に卵殻膜を貼り、傷を早く治したと言われています。

現在は美肌効果が主ですが、今後医療で使われる可能性も。期待が詰まった素材なのです。

卵殻膜を分解した成分は、真皮にまでよく浸透し美肌、美白、弾力性アップなど即効性が期待できます

卵殻膜の効果とは

黄身は核となり、遺伝子や体の元となるもの。
白身は栄養となるもの。
そして卵殻膜は、外部からの最近を守るものでケラチンたんぱく質がギューッと濃縮されたものです!
結構最近まで注目されていませんでしたが、今はその効果が美容に注目されています。

進化の過程で海から地上に出てきた生物は、卵からかえるまでその身を乾燥などの外部環境から「卵殻」や「卵殻膜」で守って種の保存を果してきました。

「卵殻膜(Egg Membrane Protein 以下、EMP)」とは卵の殻の内側にあるうす皮(ケラチンタンパクの膜)で、卵の中で育つ大事な生命をやさしく包み込み、外部からの微生物の侵入を防ぐなど、大切な働きをしています。

卵殻膜は、卵の殻の内側にある薄い膜のことです。産み落とされた卵が、親鳥から栄養を与えられなくても、ヒナの体をつくり、羽毛をつけ、命をもたらす不思議なパワーを持っています。

黄身、白身、卵角膜、殻のすべてに無駄がない卵!
この栄養素はどれも人間にかなりの恩恵を与えてくれます。

卵殻膜がお肌によい理由

18種類のアミノ酸とコラーゲン・ヒアルロン酸を自然含有

卵殻膜の主成分はタンパク質です。18種類のアミノ酸とコラーゲン・ヒアルロン酸で構成されており、美肌におすすめの成分です。これが一つ目の卵殻膜の効果の大きな特徴です。

美肌成分「シスチン」の豊富さが圧倒的

卵殻膜には、美肌成分「シスチン」というアミノ酸が人の肌の5倍以上も含んでいます。これが、卵殻膜の効果の大きな源泉の一つとなっています。

III型コラーゲン

卵殻膜が作るのは、赤ちゃんのような肌になれる、III型のコラーゲンです。 コラーゲンは約30種類もあります。なかでも、肌の70%を構成しているのがI型とIII型のコラーゲン。

赤ちゃんの肌に多く含まれているⅢ型コラーゲン。
当然ですが年齢と共にハリや弾力、水分保持力などが失われてきますが卵殻膜にはこのⅢ型コラーゲンがたっぷり入っているのが魅力!
美容マニアの中でも、ひとつだけ美容液を選ぶならこれだ!と言われているほど。

ファンデーションのノリが良くなり、透明感のある白肌をより実感していただくことができます。

注意点

卵殻膜は強固なメッシュ構造で人ではほとんど消化吸収できないため、卵の薄皮を食べても効果があるわけではありません。

現在では、卵殻膜の粉末化に成功しており、卵殻膜入りの化粧品や美容ドリンクなどの販売もされていません。卵にアレルギーがある方は注意です。

フォローする