クラウド会計はMFクラウト?freee?

Pocket

会計というと、なんだかとても専門的で面倒くさい気がすると思います。筆者もそうでした。

でも実際にやり始めてみると、意外とそんなことはありせん。はじめに基本だけ頑張って理解しておけば、事務処理自体はすぐに覚えることができます。

また、会計処理を自分でこなしておくことで、税金のことや利益と経費のことなど、「個人の時代に、自分の力で立って生きる」ために必要な知識が身についてきます。

ですので、フリーランスとして独立するのならば、経営感覚を磨くという意味でも、絶対に取り入れておくべきものです。

そこでまずは、「freee」と「MFクラウド」に関係なく、「クラウド会計ソフト」全体としてのメリットを書いておきます。

・WindowsでもMacでも使える
・銀行・クレジットカード・WEBサービスと連携できる
・スマホで使えるアプリがある
・簡単に青色申告に対応できる
・手間を省いて入力できる
・時間コストを考えると安い

次に、「freee」と「MFクラウド」のサービスをそれぞれ比較してみます。ちなみに今まで書いてきた通り、「会計ソフト」としての機能はどちらも必要十分です。

では、どこを基準に選べば良いかというと「使い方」です。クラウド会計で「何を重要視」するのかによって選べば良いです。

下記にフリーランスとして筆者が特に気になり、重点的に比較したものを記載します。

「freee」と「MFクラウド確定申告」のサービスを比較して、大きな違いは、「freee」は視覚的・感覚的であり、「MFクラウド確定申告」はロジカル・文書的という感じです。

どちらも非常に優れたサービスですので、どちらを選んでも結局は問題ありません。

自分の好みや、上記の比較項目を参考に決めたら良いと思います。

とりあえず、両方とも無料登録をして試して、比較してみたら良いですよ。外部サービスとの連携も試すことができますし、自分に必要なサービスと連携できるかを調べてみるべきだと思います。

きっと、経理・確定申告などの事務処理が楽になって時間が増えることで幸せになることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする