着物買取情報

Pocket

振袖や帯、着付けに必要な小物、訪問着などは、着たり使う機会は少ないです。
タンスの肥やしになるパターンが多く、実際に多くの家庭で眠っています。
こうした家庭で眠っている着物は、処分するなら買取がベストです。
買取なら不要な品物がお金になるので、それだけお得になります。

着物の買取先として利用できるのは、着物買取専門店かリサイクルショップです。
リサイクルショップは全国各地にあり、郊外にも多数の店舗があります。
着物だけでなく、ブランド品の洋服やアクセサリー、腕時計などのファッションアイテム、さらには家電や家具など様々な品物も買取可能です。
家庭にある不要品を全て売れることができるので、利便性も高いです。

一方の着物買取専門店は、専門店だけあり着物と関係するアイテムしか売ることができません。
そのため、一見するとリサイクルショップよりも、不便だと思う人もいるでしょう。
しかし、買取価格の相場を比べてみると、着物を売るなら専門店を強くおすすめします。
着物買取専門店とリサイクルショップでは、同じ着物でも買取価格はまったく違います。

たとえば、着物買取専門店では高額で買取してくれる振袖でも、二束三文の値段になることがあるのです。
それどころか、小物などは買取不可になることも珍しくなくて、店舗に持ち込んでも断られる可能性があります。
高く確実に売れることを考えたら、振袖や帯、小物、訪問着などは、着物買取専門店に買い取りしてもらうのが賢い選択です。
着物買取専門店の買取相場が高くなる理由は、着物に関する知識の豊富なスタッフが査定をするからです。
しっかりと価値を見極め、相場を考えながら買取価格を決めてくれます。

また、着物買取を専門とする店舗は、買取後に様々な再販売のルートを持っています。
自社でそのまま中古着物として販売する以外にも、手直しして価値を上げたり別の業者に流したりできるので、買取価格も高額になりやすいです。
それに対してリサイクルショップは、振袖であろうが訪問着であろうが、一般的な古着と同じ感覚で買い取ります。
査定をするスタッフも着物の価値を分から、中古相場も把握していません。
基本的に流通ルートも自社の店舗のみなので、高く売れないと判断したら買取価格も抑えます。
同じ着物を買い取る店舗でも、相場には大きな差があります。
振袖など着物を処分するときに買取を選ぶなら、買取価格の相場が高い専門店を選ぶようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする